医療事務の業務内容記事一覧

入院施設がある病院や診療所で働くスタッフは、一般的に外来と入院に分かれて業務を行います。もちろん、わたしたち医療事務も同じであり、外来業務では、患者さまの診察が円滑に行われるように、さまざまな業務をこなしていかなければいけません。そこで、今回は医療事務がおこなう外来患者対応についてご紹介したいと思います。まず最初に、一般的な「患者さまの診察の流れ」について見てみましょう。【1】患者さまの診察の流れ...

入院施設のある医療機関では、医療事務が患者様の入退院に関する事務業務を担います。その内容は多岐にわたるため、業務に慣れるまでには、かなりの期間を要します。そこで今回は、業務の具体的なイメージができるように入退院患者対応における医療事務の役割について紹介します。【1】入院準備の流れについて1−1.入院指示書の受け取り患者さまの病気やケガを治療するのに、入院が必要であると判断された場合は、まず医師の指...

医療事務の仕事のもっとも根幹となるのが「レセプト業務」です。レセプト業務は、「病院の経営」や私たちの「お給料」にも関係してくるため、専門知識が必要になる大切な業務です。そこで、今回は、わたしたち医療事務が必ず覚えなければいけないレセプト業務について、このページだけで理解できるようにご説明したいと思います。【1】「レセプト」とはそもそも何か?レセプトの正式名称は「診療報酬明細書」といい、これには、患...

医療機関には、医師や看護師、薬剤師などさまざまな職種がチームとして働いています。もちろん、わたしたち医療事務もチームの一員ですが、直接患者さまの治療に関わることはできません。しかし、医師が診療に集中できるようサポートする役割があり、その業務のひとつが秘書業務です。ということで、このページでは具体的な業務がイメージできるように、医療機関における秘書業務についてお伝えします。病院内にはいろいろな役割を...

医療事務といえば、窓口対応や患者さまの治療費の計算、レセプト業務など思い浮かべる人も多いと思いますが、医療事務には、まだ他にも医療機関にとって重要な業務がたくさんあることそご存知でしょうか。そこで、今回はあまり知られていない、その他の業務についてご紹介します。医療事務のさまざまな業務1,レセコンへのデータ入力レセコンへのデータ入力は外来のほかに入院分もあります。外来であれば、カルテを見ながら入力を...