1.外来患者対応

外来患者様の対応は医療事務の大切なお仕事です

 

入院施設がある病院や診療所で働くスタッフは、一般的に外来と入院に分かれて業務を行います。もちろん、わたしたち医療事務も同じであり、外来業務では、患者さまの診察が円滑に行われるように、さまざまな業務をこなしていかなければいけません。

 

そこで、今回は医療事務がおこなう外来患者対応についてご紹介したいと思います。まず最初に、一般的な「患者さまの診察の流れ」について見てみましょう。

 

 

【1】患者さまの診察の流れ

 

 

(1)受付・問診
(2)処置・検査・診察
(3)会計
(4)調剤薬局

 

そのなかで医療事務は主に(1)受付・問診と(3)会計の業務を担います。ここがスムーズに流れていかないと、患者さまの待ち時間は増えるため、満足のいく医療を提供することが難しくなります。そうならないためにも、次のような外来業務を身に付ける必要があるので、ひとつずつ見ていきましょう。

 

【2】身につけておくべき外来業務

 

1.受付業務

(1)初診の場合
患者さまが診察を受けるために、最初に訪れる場所です。もし初診の患者さまでしたら、何の症状で来院されたか、また治療費を計算するために必要な保険証や氏名・住所などの連絡先の確認を行います。そしてカルテを作成するために医事コンピュータに患者さまの情報を入力し、カルテと診察券の発行をします。ここで入力ミスをすると、後の診察や会計、レセプト業務に支障をきたしますので、必ず内容を再度確認しましょう。

 

(2)再診の場合
再診の場合は、カルテをだし、月1回の保険証を確認してから診察室などへ渡します。もし、前回と違う症状で来院された場合は、症状を聞いて正確に次へ伝達しましょう。また、業務に余裕があれば、先に待合室で患者さまに体温を測ってもらうなどすると、効率よく診療が流れるため、患者さまの待ち時間も減るでしょう。

 

2.会計業務

患者さまの診察が終わると、診察室から事務サイドへカルテがまわってきます。わたしたちは、医師がカルテに記入した診療内容をもとに治療費を計算・請求します。患者数が多くて業務が忙しい日は、カルテに記入漏れがある可能性もあるため、少しでもおかしいと思ったら、医師に確認して請求漏れがないようにしましょう。

 

また治療費は医事コンピュータで自動計算できますが、これに慣れてしまうと、医事コンの不具合に気づいたり、正しいレセプト知識を身に付けたりすることができないため、治療費を電卓でも計算できるぐらいのレベルになるように日頃から努力してください。

 

その他、窓口会計では治療費を受け取るだけではなく、預かっていた保険証や処方箋を患者さまに渡し忘れないようにしてください。

 

3.カルテ管理

患者さまの全ての診療が終わったら、カルテを元の場所へ戻す作業があります。一般的にカルテにはID番号が存在します。間違えないように注意して、カルテ棚の決められた位置へ戻しましょう。

 

カルテには患者さまの個人情報があるため、取り扱いには注意が必要です。その日の診察した患者さまのカルテが、すべてカルテ棚へ戻っているか確認するのも医療事務の業務のひとつです。

 

以上、医療事務がおこなう外来患者対応について、お伝えしましたが、いかがでしたか?

 

医療事務は患者さまの命に直接関わる仕事ではありませんが、一連の診察がスムーズにいくように常に気配りをしておく必要があります。診療報酬に精通し、医師や看護師が診療に集中できるようサポートしてください。また外来業務は、窓口でおこなうことが多いため、常に患者さまから見られていることを意識しておきましょう。