1.「正社員」で働くメリットとデメリットとは?

 

医療事務はその人のライフスタイルにあわせて、正社員やパート、派遣として働くことができます。しかし、それぞれメリットとデメリットがあるため、入職した後で後悔しないように、事前に働き方について理解しておく必要があります。そこで、今回は「正社員」として働く場合のメリットとデメリットをご紹介します。

 

 

正社員のほとんどは、将来の医療機関の幹部候補として採用されます。したがって、医療事務の知識はもちろん、経営面でのプロフェッショナルを目指さなければいけません。

 

また、幹部候補は、施設基準の届け出など行政とのやりとりや、経営における予算決め、病床稼働率の管理など幅広い業務に携わります。

 

採用方法は新卒・中途と医療機関によって異なりますが、未経験者でも働けるように研修制度が充実しているところも多いため、採用者は、その人の経験よりも仕事に対するやる気や人柄を見ます。

 

【1】正社員として働くメリット

 

正社員は条件面で優遇されています

 

1−1.給与面の条件がいい

正社員は一般的に月に支払われる給与が決められているため、公休の他に祝祭日が多い月でも給与は減ることはありません。また勤務年数や業績により毎年昇給が期待でき、ボーナスや退職金、扶養手当、住宅手当なども充実しています。さらに勤務年数により有給休暇も付与されるため、給与面の条件はいいといえるでしょう。

 

1−2.社会保険が完備されている

雇用保険や労災保険、健康保険、厚生年金などが完備されており、その保険料負担のほとんどは医療機関と本人の折半になります。また保険や年金の支払いは、お給料から天引きされるため、自分で行う手続きはありません。また、病気や出産などで長期休みが必要になった場合でも給与の一部が保障されるので、安心して働くことができます。

 

【2】正社員として働くデメリット

 

正社員はパートなどよりしっかり働くことが期待されています

 

2−1.土日や長期連休に休めない

土日や祝祭日が休みの企業もあるなか、医療機関の休みは交代制をとるところが多いです。医療機関のほとんどは土曜も診療があり、また救急病院であれば、患者さまを365日受け入れているため、連続して休むことができません。また、レセプト業務が月末から月初めにかけてあるため、年末年始やゴールデンウイークの長期休暇は期待できないでしょう。

 

2−2.残業などで勤務時間が長い

先にお伝えしたとおり、医療事務は月末から月初めにかけて、通常業務に加えレセプト業務があるため、残業が発生します。外来だけではなく入院レセプトもある場合は、連日夜遅くまで残業する可能性もあります。もちろん残業した分は残業代が支払われます。小さなお子さんのいる供働きの家庭は、支障をきたさないように家族で話し合っておきましょう。

 

以上、正社員のメリットとデメリットについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

正社員は将来の幹部候補として、長く働くことを期待されているため給与面や社会保険などの条件はいいですが、パートや派遣よりも休日や勤務時間を拘束される傾向にあります。そのほか、正社員の特徴として男性も多く採用されているため、もし男性の人も興味があればチャレンジしてみてください。応援しています!!