3.「派遣」で働くメリットとデメリットとは?

 

医療事務はその人のライフスタイルにあわせて、正社員やパート、派遣として働くことができます。しかし、それぞれメリットとデメリットがあるため、入職した後で後悔しないように、事前に働き方について理解しておく必要があります。そこで、今回は派遣として働く場合のメリットとデメリットをご紹介します。

 

 

現在の大学病院や総合病院などの規模の大きな医療機関の窓口業務は、派遣を採用しているところが多く見受けられます。医療機関における派遣の需要はそれなりに多いということです。

 

その理由は、コスト削減はもちろん、派遣会社に依頼すれば、こちらが求めている人材をすぐに派遣してくれるからです。もし、正社員やパートを採用するとなると、求人を出して、面接をするなど時間と手間がかかり効率がいいとはいえません。雇う側にとって使い勝手がいいということになると思います。

 

【1】派遣として働くメリット

 

自由な立場で経験を積むには派遣が最適です

 

1−1.就職先の斡旋をしてもらえる

派遣会社に登録しておけば、自分の希望する労働条件にあった就職先を斡旋してくれます。そのため、家事や育児で忙しい主婦などは効率的に就職活動できます。また自分が直接勤務先と賃金や休日などの交渉をしなくても、派遣会社が代理となって行ってくれます。

 

1−2.いろんなタイプの医療機関を経験できる

勤務先を変更すると、今までのキャリアがなくなることもありますが、医療事務に関してはその心配はありません。何故なら、業務内容は国が定めている診療報酬制度をもとにしているので、どこの医療機関でも仕事の考え方は同じだからです。したがって、勤務先は変わってもキャリアは確実に積めます。そして、ひとつの医療機関に勤め続けるよりも、複数の勤務先を経験していれば、仕事の視野も広がるでしょう。

 

【2】派遣として働くデメリット

 

派遣の場合は雇い主の都合が全てに優先します

 

2−1.契約期間が決まっている

派遣は正社員やパートと異なり、働ける契約期間が決まっています。勤務態度や能力によっては契約を更新してくれることもありますが、いつ解雇されてもおかしくないため、長期間の安定した勤務を希望している場合は、派遣はやめておいたほうがいいでしょう。そして医療機関の業績悪化による人員削減は、まず派遣から解雇されることを覚えておいてください。

 

2−2.給与が少ない

派遣のほとんどは時給制を採用しており、働いた分しかお給料をもらえません。また交通費や住居手当、家族手当などは期待できないでしょう。ボーナスや退職金もなく、また毎月のお給料からは、仲介手数料が引かれるため、業務内容にあった給与を得られない可能性があります。

 

以上、派遣として働く場合のメリットとデメリットについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

派遣は就職先の斡旋や交渉などを自分に代わって行ってくれる点は安心できますが、その分給与から手数料が引かれ、また長期間の安定した雇用の保障はありません。したがって、自分が働くにあたり、何を一番優先にしているかを考えた上で、派遣会社を活用しましょう。