【医療事務Q&A】パートの面接に適した服装について

医療事務の面接を受ける予定なんですが、医療事務のパートの面接では、どのような服装がベストだと思われますか? 結婚前に買ったレディーススーツはサイズが合わなくて着れないのですが、やはり新調すべきなんでしょうか?

主婦に人気のあるパートのお仕事といえば、何と言っても医療事務です。しかし、人気がある分、競争率が高くなってしまうのがデメリットと言えるかもしれません。

 

まず最初に履歴書や職務履歴書で振り落としをする病院も多く、応募者全員が面接へ進めるとは限りません。現実には、なかなか面接にさえ進めないという場合も少なくないのです。でもだからこそ、面接の場まで進むことができたのなら、そのチャンスを逃さないようにしたいものです。

 

医療事務の面接で注意したいのが、「受け答え」はもちろんですが「服装」にも気を配る必要があります。パートだからといって、Tシャツにジーンズといったカジュアル過ぎる格好であったり、ミニスカートなど露出の激しい派手な服装をしていてはいけません。なぜなら病院の受付として、表に立って患者さんへの対応をしてもらうこともある仕事ですから、外見が他人に与える印象もとても重視されることになるのです。

 

 

正社員ではないのに、スーツを着るなんて大袈裟だと感じる人もいるかもしれませんが、やはりスーツの着用は一番間違いがない格好になります。相手にちゃんとしているという印象を与えるためにも、スーツ姿で面接に臨んでいただきたいと思います。

 

 

ちなみに、この場合のスーツは、リクルートスーツであって、子供の入学式や入園式に着るような華美なスーツではありませんから注意してください。安いスーツを探して新調するか、ママ友に借りるという手もあるかと思います。


 

もしどうしても丁度良いスーツが手配できないなら、清潔感のあるブラウスやカーディガンにシンプルなスカートやパンツを合わせましょう。この時カジュアル感の高いデニム素材の服装は避けてください。

 

もちろん髪型やメイクもすっきりとまとめて、アクセサリー類も結婚指輪以外は外しておくことが望ましいです。髪の色も黒髪や少なくともダークカラーに抑えておきましょう。忘れがちですが、足下にも十分気を配ってくださいね。

 

パートを希望する場合、職種によってはスーツなどではなく、カジュアルでラフな格好でも構わない場合もあります。しかし、医療事務という職業では服装も大切なチェックポイントになることがほとんどです。これから医療事務のパートとして働くことを希望しているのなら、以上のことにも配慮してみてください。