【医療事務Q&A】ハローワークの職業訓練について

ハローワークで医療事務の職業訓練をやっているみたいですが、受講すると就職に有利になったりするものでしょうか?

ハローワークで求職中の方で条件を満たす場合は、職業訓練に申し込むことができます。その中でも特に女性に人気があるのが医療事務の講座です。選別のためには面接が行われ、「講座の受講理由」などについて聞かれるので、事前にシュミレーションしておくとよいでしょう。

 

資格取得のためには、独学の他に通信講座や学校へ通うという手段がありますが、通信なら5万円前後、学校なら10万円前後の費用がかかってしまいます。

 

しかし、ハローワークではテキスト代などの負担はあるものの、受講費用は無料ですから、費用負担が少なくて済むというメリットがあります。もし、医療事務の資格を取得したいなら、応募してみるのもひとつの手段でしょう。

 

 

ただ、ハローワークの医療事務講座を受講したからといって、特別に就職に有利になるわけではありません。なかにはこうした講座を受けると、何かしら就職先を斡旋してもらえたり、優遇されるのではないかと勘違いする方がいらっしゃると思います。ですが、こういった条件は通常の求職者と講座受講した人で異なるわけではないのです。

 

もちろん講座を受講したり、資格を取得することが損になるわけではありません。ただし、医療事務は人気がある職業であるとともに、求人の数には地域差があり、場所によってはほとんど求人がないケースも少なくないのです。

 

実際のところ、資格の人気が高いため、逆に資格を有している求職者が飽和状態となっているのが現状です。資格さえあれば、引く手あまたであるかのように錯覚してはいけません。

 

また、なかには知らない人もいるのですが、医療事務は国家資格ではありません。資格がなくても働くことができる職業なのです。そのため、資格よりも経験が求められることも多く、思ったように就職できない可能性もあります。

 

 

そう考えると、まずは、お住まいの地域に医療事務の求人がどれだけあるのか、未経験者をどれくらい募集しているのかハローワークで調べてみるとよいでしょう。


 

それでも職業訓練を受けたいというのなら、同時にパソコンも扱えるように勉強していくべきです。講座ではほとんどパソコンを使用することはないと思いますが、実際の現場ではほとんどパソコンで作業を行っています。資格取得時には、パソコンスキルはあまり必要ないのですが、実際就職活動をするようになると基本的なパソコン操作は必須となることを覚えておきましょう。

 

ということでまとめますと、ハローワークの職業訓練は決して無駄ではありません。しかし、医療事務として就職するにはそれだけで万全とは言えないということは理解しておいた方がいいでしょう。