【医療事務Q&A】独学で資格をとるための勉強法

医療事務で働きたいと思っていて、何か資格がほしいと思っています。資格を取るには通信講座などを利用するのが一般的だとは思いますが、なるべくお金をかけずに資格を取得できないかと考えています。通信講座などを利用せず、独学で資格を取るというのは現実的にどうなんでしょうか? また、独学で資格取得を目指す場合の勉強法など教えていただけませんでしょうか?

通信講座や専門学校を利用せずに、「独学」で資格取得を目指したいとのことですが、個人的な意見では独学はあまりおすすめできません。独学を完全に否定するわけではないのですが、取得までに遠回りになってしまうケースが多いのと実際に就職してから困るケースが多いと考えるからです。

 

市販の参考書もないわけではないのですが、専門用語など医療事務は少し特殊なお仕事です。書籍を読むだけでは分かりにくいですし、途中で挫折してしまう可能性が高いように思います。

 

 

通信講座は費用が多少かかってしまいますが、それほど高いものではありませんし、カリキュラムの充実ぶりを考えるとむしろお得です。キャリアアップに必要な「自己投資」という意味でも、通信講座を利用されることを提案したいです。

 

 

多くの人が通信講座を利用して資格取得しています

 

医療事務は簡単に言えば「病院の事務」なのですが、専門用語が必要なため、何の資格もなくて働くのはさすがに厳しいです。そのため、医療事務で働きたいと思う場合には、何かしらの資格を取得しておくほうが無難です。

 

医療事務の資格はそれほど難易度が高くないので、単純に資格取得だけを考えるのであれば通学までは必要ありません。一般的には、通信講座で3〜6ヶ月程度勉強して資格を取得する人が多い印象です。

 

ちなみに、医療事務の資格のなかには、専門学校や通信講座による学習を修了させないと受験できない資格も存在します。専門学校となると時間もお金も必要になってくるので通信講座で資格を取るのが手軽だと思います。

 

 

通信講座で資格を取るメリット

 

通学講座と比較した場合の通信講座のメリットは、通信講座の方がスピーディーで着実に資格取得が可能な点です。市販の参考書よりかは少しお金はかかるかもしれませんが、3〜6ヶ月の勉強期間で受験できる能力が身につきますし、費用対効果で考えて十分お得です。

 

また、通信講座であれば自分が好きなときに勉強できるので、仕事の合間に勉強できるなど忙しい人にとても向いています。自分のペースで勉強したいという場合には、通信講座を利用してみることを個人的におすすめしたいです。

 

以上まとめますと、医療事務の資格を取りたい場合には、通信講座を利用して効率的に学ぶのが現実的だと思います。参考になりましたら幸いです。