【医療事務Q&A】医療事務の仕事をする上で有利な資格

医療事務の仕事は主婦でも働きやすいという話を聞きますし、私も医療事務で働いてみたいと思っています。未経験なので何か資格を取ろうと思うのですが、医療事務で働くうえで有利な資格などあれば教えてもらえますか?

結論から言えば、公益財団法人日本医療保険事務協会が実施している「診療報酬請求事務能力認定試験」に合格しておくと有利です。

 

「診療報酬請求事務能力認定試験」の資格は、レセプト業務に関する「ワンランク上の知識とスキル」を持つ人材であることを証明する資格です。医療事務関連の資格はいろいろありますが、この「診療報酬請求事務能力認…

続きを読む≫

 

この試験に合格していると、レセプト業務の専門家として評価されます。もし本気で医療事務のお仕事をやってみたいなら、さっそく勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

 

レセプトの専門家が求められている

 

医療事務の仕事には、受付、医療費の計算、会計など、いろいろな業務があります。これらのなかで特に重要なのが、「レセプト」と呼ばれる診療報酬を計算する業務です。

 

レセプトは医療事務だけの特殊な業務。一般的な事務職と決定的に違う部分です。そのため、専門的な知識を学んでいないと、まったく仕事になりません。

 

逆に言えば、レセプトについて高度な専門知識がある人材は、どこの医療機関でも喉から手が出るほど欲しがられます。つまり、就職で困ることはほとんどないと考えていいです。

 

レセプトの知識があることを証明する資格

 

さきほどご紹介した「診療報酬請求事務能力認定試験」は、レセプトの高度な専門知識を持つ人材であることを証明する資格です。

 

つまり、この資格を持っていると、就職するのにとても有利ということです。実際に働き始めてからも、職場で一目置かれる存在になれます。

 

未経験の人はもちろんですが、医療事務員としてすでに経験を積んでいる方にもおすすめです。キャリアアップのために合格目指して挑戦している人も少なくありません。

 

難易度高めだからこそ有利な資格

 

ただし、難易度はやや高めです。合格率が毎回30%程度しかなく、だれでも簡単に取得できる資格ではありません。だからこそ、医療機関から評価されるわけですし、挑戦するだけの価値はあると思います。

 

試験は年に2回実施されています。なので、半年から1年ほどしっかり勉強してから、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

医療事務員サヤカのひとこと

 

「診療報酬請求事務能力認定試験」の資格は、未経験でも「この資格を持っているならぜひ!」と思ってもらえる有利な資格です。もし本気で医療事務で働きたいのであれば、ぜひ挑戦してみていただきたいです。

 

この資格に合格することを目指して、傾向と対策をじっくりやってもらえるスクールもあります。もし興味があるなら、こちらを参照してみてください。