【医療事務Q&A】医療事務の資格は本当に必要か?

医療事務のお仕事に興味があるのですが、資格について質問です。医療事務で働くのに資格は必要ないと聞いたのですが、資格がなくても本当に仕事はできるのでしょうか?

結論から言えば、資格がなくても医療事務の仕事はできます。ですが、だからといって、資格も何もなしで就職できるかと言えば、まったく別の問題です。

 

医療事務の資格はなぜ存在するのか?

 

医療事務は最近とても人気のある職業です。そのため、いろいろな資格がありますし、それらの資格を取得するためのスクールや通信講座などもたくさんあります。どの資格講座サイトを見ても、上位の人気資格になっていますよね。

 

では、なぜそういった資格があるのでしょうか? そして、なぜそういったスクールや通信講座があるのでしょうか? 言うまでもないですが、医療事務の資格にはニーズがあるからです。

 

医療事務は特殊な仕事

 

医療事務とは簡単にいうと「病院の事務」のことです。病院の事務といっても、一般企業の事務とは職業内容が全く異なります。

 

基本的には「医療事務員」として、「診療報酬の知識」や「医療に関する法律」など、医療事務独特の知識を持っていなければできない仕事です。

 

そういう事情もあって、医療事務の仕事につくのに一番有利な人材は、即戦力として期待できる「経験者」です。

 

未経験の人なら、やはり何らかの資格を持っていないと、就職で不利になってしまうことが考えられます。

 

医療事務の仕事をするなら資格を持っておくべき

 

医療事務の資格はどれも国家資格ではなく民間資格です。

 

資格の種類がたくさんあることもあり、「医療事務の資格は持っていても持っていなくても同じ!」という書き込みなどをネットで見かけることもしばしばあります。

 

しかし、未経験の人で「全く何も医療事務の勉強をしていない人」と「勉強して資格を持っている人」を比較するとどうでしょうか?

 

採用する側の印象が全く違ってくるのは間違いありません。

 

本当に医療事務の仕事を目指すのであれば、就職活動をしながらでも医療事務の資格を取得すべきでしょう。