【医療事務Q&A】履歴書に資格の有無を書くことについて

医療事務で正社員として働きたいと思い、通信講座で勉強しようと思っています。通信講座で取得した資格でも、履歴書に書いておけば面接で有利になると考えていいんでしょうか?

医療事務の仕事に就きたいと考えている方が増えており、医療事務関連の資格取得を目指す人も増えています。医療事務は「女性が長く働き続けることができる仕事」として大変人気の職種であり、また高齢化社会とともに需要が高まっている仕事であるという背景もあると思います。

 

しかし、医療事務の正社員として働くためには、まず医療事務の実務経験が必須となることが多いです。未経験の人が、最初から正社員を目指すのは、現実的には難しいケースが多いようです。

 

医療事務の仕事は主にレセプト業務になりますが、レセプト業務に関する知識などを身につけてから、採用試験を受けることが必要となります。そこで、レセプトに関する知識とスキルを示せるような医療事務資格を取得してから、転職活動に踏み切る方も少なくありません。

 

ちなみに、医療事務の資格は国家資格ではありません。医療事務は民間資格となりますので、通信講座などで取得してもいいですし、ハローワークの就職支援だけで済ます人もいらっしゃるみたいです。

 

 

医療事務の資格を取得したのであれば、履歴書に書くことができますし、医療事務の通信講座を修了したということをアピールすれば、面接でも有利になることは間違いありません。資格を取得するなどの具体的な努力をしている人なら、採用する側としても安心感があるからです。

 

 

医療事務の仕事に就きたいと考えているのであれば、まずは医療事務の仕事が地域にあるかどうかを下調べしたうえで、何らかの資格を取得して、履歴書に書ける状態にしておくことが大切だと思います。


 

ただし、勘違いしてはいけないのですが、医療事務の仕事は資格が全てではありません。履歴書に資格の有無だけを書いていたとしても、それだけでは採用されない可能性が高いです。医療事務の仕事は、やはり経験が必要となる仕事なので、もし経験者も同時に面接に申し込んでいる場合には、未経験者よりも経験者が有利になることが多いからです。

 

このため、履歴書に資格を書けば、それだけで面接に通るというわけではありません。医療事務の資格を取得したとしても、そこから自分なりにどのように面接を突破するのかということを考える必要があります。たとえば、志望動機などをしっかりと考えてみたり、またさらには自己PRを練ってみたりなど、他のライバルに差をつける工夫をすることが大切です。

 

医療事務の就職では、資格があれば有利となりますが、資格があるというだけで採用面接で採用されるとは限りません。医療事務として転職をする際には、まずはこのことを頭に入れておくことが必要となります。