【医療事務Q&A】女性にとって医療事務が魅力的な理由

医療事務関連の資格が最近人気があるようですが、どういう理由で人気が高まっているのでしょうか? 女性にとって、何か特別に魅力的なポイントがあるのでしょうか?

たしかに最近は、医療事務関連の資格が人気になっています。いろいろな職業訓練校や資格を取得できる学校がありますし、医療事務関連の広告もよく見かけるようになっています。

 

医療事務とは、ひとことで言うと「病院の事務」です。しかし、医療事務というのは一般企業の事務とは違って、医療費の点数計算やレセプトなどがあり、少し特殊な仕事です。初心者にはかなり勉強が必要な職種と言えます。

 

医療事務関連の資格は全て民間資格で、比較的取得しやすい難易度のものから、とても難しいものまでさまざまな資格が存在します。また、就職してからも、診療報酬の点数計算や条件などは2年に一度改定されるため、継続的に学ぶ姿勢が求められます。

 

 

この医療事務の仕事のどういった部分が魅力的かということについてですが、まずはレセプト等の仕組みが全国で統一されているので、結婚などで引っ越ししたり、夫が転勤族である場合も「全国の病院で再就職しやすい」という点があると思います。

 

そして月末、月初のみの勤務なども可能ですので「プライベートとの両立がしやすい」のも魅力的なところです。

 

さらに言えば、医療事務は正社員・派遣社員・パートなどの多様な勤務形態があるので、妊娠や出産、そして育児などで仕事をセーブしなければいけない時期がある女性にとっては、そのつど「勤務形態を調整しながら仕事できる」というところも魅力的ではないかと思います。

 

病院は基本的には午前診察と午後診察に分かれているので、子供が幼稚園などに行っている午前中だけの仕事もあります。また、日曜日や祝日は基本的に休診の病院があるので「子供と関わる時間を十分にとれる」のも魅力です。

 

また医療事務とひとことで言っても、大きな病院のように医療事務の仕事だけに専念する職場があったり、個人病院のように患者様とも接する機会の多い職場もあります。自分がどういう医療事務を目指していくかによって「職場の形態を選べる」のも魅力的ではないかと思います。

 

医者や看護師などは免許をとるためにかなりの勉強が必要になりますし、費用も時間もかかってしまいます。主婦などが医師や看護師を目指すのは現実的には難しいです。

 

一方で、医療事務は難関な資格でも比較的安価で勉強できますし、いざとなれば独学で試験に合格することも不可能ではないでしょう。直接の医療行為はできなくても「医療の現場でやりがいのある仕事ができる」というのは大きな魅力ではないでしょうか。