【医療事務Q&A】医療事務員になるにはどうすればいいか

医療事務の仕事に興味があるのですが、医療事務になるには具体的にどのようにすればいいのでしょうか? だれでも医療事務になれるのでしょうか?

医療事務員になるには、まず最初に何か資格を取ることをおすすめします。実際には、医療事務になるには特別な資格などは必要ありませんし、大学や専門学校などに新たに通う必要もありません。医療事務関連の資格は民間資格であり、医師や看護師のように、特定の資格が必要ということではないからです。

 

ただし、採用する側もいわゆる「ド素人」は雇いたくないので、「自分はド素人ではありません」ということを客観的に示す材料として資格があった方が好ましいです。

 

実際、ライバルとなる人たちも資格を取得してから就職活動しているケースが多いです。医療事務関連の資格を持っていると就職に有利になるというより、「資格を持っていないと勝負にならないケースが多い」と考えるべきだと思います。

 

 

ちなみに、何の資格をとるべきかということについては、別の記事でまとめていますのでもしよろしければ参考にしてみてください。

 

 

【関連記事】医療事務の資格を比較した記事

 

 

医療事務の仕事では、ある程度の知識というものが必要になってくるため、実際の現場では、未経験者よりも経験者が優遇されることが多いです。このため、医療事務として就職するのであれば、事前に医療事務に関する知識・スキルをある程度は身に着けておいた方がよいといえます。

 

一般的な転職市場においても、未経験の方は経験者よりも不利になることが多いです。医療事務の講座などを受講し、ある程度の経験を積むことが必要です。

 

また、医療事務の仕事は、初めから正社員として働くのは少し難しいといわれており、パートや派遣社員として働いているという方も多いです。医療事務の仕事は需要が多い仕事ですが、正社員となるためには、経験やスキルが重要視されることが多いのです。

 

 

このため、もしも医療事務員として活躍したいと考えている方の場合には、まずはパートや、派遣社員として1〜2年ほど働いて、経験を積むことが現実的かもしれません。


 

医療事務の仕事が募集されているのは、主に病院やクリニックなどになりますが、実際にはさまざまなところで働く場所があります。クリニックによって、患者数や、または雰囲気などが異なりますので、就職の際には、病院選びをすることが必要となります。職場によっては、完全週休二日のところもあれば、隔週で週休二日のところなどもありますので、まずは条件面などでもしっかりと選ぶことが必要となります。