【医療事務Q&A】一般企業の事務経験が役立つかどうか

私はこれまで一般企業で事務員として働いていました。数字を見たりするのは抵抗ありませんし、医療事務に転職したいなと考え始めています。医療事務の仕事内容についてですが、私みたいに一般企業で働いていた人でも、スムーズに業務に慣れることができますでしょうか?

医療事務の実際の仕事内容についてのご質問ですが、一般企業の事務仕事とはかなり違うと考えたほうがいいかもしれません。というのも、医療事務には特殊な知識やスキルが求められる業務があり、一般事務を経験していただけでは不十分だからです。

 

もちろん、一生懸命に仕事をこなしていれば、だれでも少しずつ慣れてくるのでそれほど心配はいりません。ただし、職場では即戦力として期待されるケースが多いため、仕事に慣れるまで待ってもらえるかどうかについては、その職場の状況しだいということになるかと思います。

 

医療事務の仕事内容は、簡単に言うと、患者さんが病院で受けた治療費を計算して、国や患者さんに請求する仕事がメインになります。請求するだけなの?と思うかもしれませんが、医療費を計算するには保険点数をしっかり把握していなければいけなかったりします。

 

 

保険点数というのは、診療報酬点数のことで、病院では治療内容によって、それぞれ細かく点数が設定されています。ご自身が病院にかかられたときに、診療明細書をもらった経験があると思いますが、そこに○○点と記載されているのが診療報酬点数になります。

 

初診と再診でも点数に違いがあるなど、知らない人はビックリしてしまうほど本当に細かく設定されています。この診療報酬点数をもとに、患者さんにかかった治療費を請求するわけですが、通常は7割を国に請求して、3割を患者さんに請求するのが医療事務の仕事です。

 

もちろん、医療事務の仕事内容はこれだけではありません。例えば、患者さんのカルテを管理するのも医療事務の仕事で、医療事務員が、しっかりカルテを管理するこで、病院でスムーズに診察を受けることが可能になるのです。

 

 

病院のカルテには、本当にたくさんの情報が載っています。生年月日から始まり、保険証の番号、診察歴、既往歴など、患者さんの個人情報がたくさん記載されています。この大切な個人情報を管理するわけですから、医療事務の仕事は責任感がない人では決して務まりません。


 

他にもいろいろな仕事内容があるわけですが、ここに書ききれませんので、別記事にまとめさせていただきました。もしご興味がおありでしたら参考にしてみてください。

 

 

【関連記事】医療事務の具体的な仕事内容とは?

 

 

いずれにしても、医療事務の仕事をしたいと思っているのであれば、何か資格を取っておいたほうがいいです。通信講座などで3〜6ヶ月程度学べば取得できるので、就職面接でアピールする意味でも、実際に働き始めてから困らないためにも、さっそく資格取得の準備を始めるようにしてください。

 

医療事務のお仕事内容は大変ではありますが、とてもやりがいのあるお仕事ではないかと思います。ぜひがんばってくださいね。