【医療事務Q&A】医療事務に必要なパソコンスキルについて

私はパソコンを持っていなくて、正直言ってパソコンに苦手意識があります。実家にいたときは古いパソコンが一台あって、たまにインターネットで調べものをしたりしていましたが、パソコンの操作や設定はよく分かりません。医療事務のお仕事に就くためには、パソコンが使えないとダメなんでしょうか? パソコンが使えなくても、すぐに慣れるものでしょうか?

医療事務のお仕事では、パソコンを必ず使います。医療事務の主な業務に「レセプト業務」というものがあり、診療報酬の計算などで必ずパソコンを使うからです。そういう意味で言えば、パソコンに「苦手意識」を持っているというのは、医療事務で働くうえでマイナスになります。

 

ただし、医療事務で必要なパソコンスキルというのは、パソコンオタクの人たちみたいなレベルでパソコンに詳しくないといけないわけではありません。パソコンの設定などは無理にやる必要はなく、パソコンに入っているソフトに情報を入力できるとかそういうことが求められるだけだからです。

 

つまり、医療事務で働くのに必要なのは、パソコンスキルというよりも、正しいデータを入力できるスキルということになります。パソコンの操作が問題なのではなくて、レセプト業務に関する知識や技術が必要だということです。しっかり経験を積みながら、スキルアップできる部分ではないかと思います。

 

 

ということで、パソコンに苦手意識を持っている方でも、医療事務の業務自体は問題なくできるはずです。もし心配であれば、最近では、パソコン操作までカバーした医療事務講座なども増えてきてますので、こういった講座で学んでおくといいかもしれません。

 

 

【関連記事】医療事務OA実務能力認定試験
【関連記事】電子カルテオペレーション実務能力認定試験

 

 

資格を取得しておけば面接でもアピールできますし、実際に就職してからも、自信を持って業務に取り組めると思います。ということで、変な苦手意識は持たないで、柔軟な気持ちで学んでいただければ大丈夫だと思います。