【医療事務Q&A】パートで働くときの志望動機などについて

パートで医療事務をやりたいと思っています。履歴書や面接などで注意した方がいいポイントみたいなものがあれば教えてください。

医療事務は、安定して需要のあるお仕事です。しかし、医療事務の仕事は人気の職種であるため、たとえパートであったとしても、倍率が高く、競争率が激しいことが多いです。

 

そのため、採用を勝ち取るためには、しっかりとした履歴書を準備して、面接対策も万全にしておく必要があります。志望動機をしっかりと練りこみ、他の人に負けないようにアピールすることが必要となるわけです。

 

ということで、医療事務のパートで働く場合、どのような志望動機が理想的なのか考えてみましょう。まず、理想的な志望動機として、「人の役に立ちたい」という理由はぜひ入れておきたいところです。

 

医療事務の仕事は、レセプト業務などが主な業務となりますが、それ以外にも、患者さんへの心配りや思いやりといったものが非常に重要となります。このため、人の役に立ちたいという気持ちや、人が好きであるという気持ちはとても重視されるポイントです。

 

志望動機や自己PRをする場合には、人の役に立ちたいという気持ちや、人が好きであるという気持ちなどをアピールしてください。

 

 

また、なぜその病院を選んだのかということについて、相手が喜びそうな理由を書いておくと印象がよくなります。というのも、なぜ「その病院」で働きたいと思ったのかということを志望動機に書かない人が意外と多いからです。

 

そのため、「その病院」の良さや、メリット、さらには通っている患者さんについての考察など、こういったことをうまく練り込んだ志望動機を作ればアピール力の強い志望動機となると思います。

 

医療事務のパートは、近年では人気職種のひとつですし、どうしても倍率が高くなる傾向があります。このため、採用試験に望む際には、志望動機を手抜きせずに練り上げて、自分自身の考えをアピールするなど、ライバルに差をつける意識が必要となります。