【医療事務体験談8】正社員のお給料はズバリおいくら?

 

医療事務経験者にインタビューするコーナー。あくまで個人の意見や体験談ですが、参考になると思います。

 

 

個人クリニックで正社員として働いた体験談

 

私は正社員として医療事務の仕事を7年間していました。

 

大きな入院施設のある総合病院ではなく、個人クリニックで勤務しておりました。

 

総合病院では、午前午後の外来以外にも、休日診療や救急外来といって、夜勤も交代制でやらなければいけません。

 

個人クリニックでは、午前午後のみの外来がほとんどで、週の二日間が午前中のみだけで午後がお休み、一日休みは日曜祝日といったパターンのクリニックがほとんどです。

 

医療事務の正社員のお仕事内容は?

 

医療事務の仕事は受付窓口での患者さんの対応がメインです。

 

保険証を預かり、パソコンに保険情報を入力します。

 

そして診察へカルテをまわし、診察を終えた患者さんの診療内容を確認し、お薬を作ったり、お会計をしたりするのが日常業務になります。

 

月初めには前月の治療費の請求を国民保険や社会保険にする作業があります。

 

レセプトといいますが、カルテの内容が間違ってないかなど、通院した患者さん一人一人の内容を確認する作業です。

 

この作業は期限がきまっていますので、ゴールデンウィークなどの月初めにお休みがある月だけは休日に出勤して終わらせる必要があります。

 

レセプトの作業は、正社員もパートさんも全員出勤するところがほとんどだと思います。

 

そのほかには物品の注文や薬剤管理をしたりもします。

 

医療事務の正社員のお給料は?

 

医療事務のお給料はどれくらいなのかと気になっている方も、たくさんいらっしゃると思いますが、正直なところ、病院ごとに大きな幅があります。

 

私の勤務していたクリニックはとにかく激務で、常に走り回っているようなクリニックでした。

 

スタートのお給料は新卒の会社の事務員さんと同じくらいからスタートするところが多いです。

 

手取りで16万程度でしょうか。

 

そこから保険料や税金がひかれますので、実際手元に残るのは13万14万円くらいでしょうか。

 

しかし、病院によってはレセプト手当や残業手当がしっかりつく病院もありますので、金額は様々です。

 

もう少しお給料を上げてほしかった?

 

正社員で働いていて思ったことは、このお給料に見合った仕事内容ではないと正直思います。

 

医療事務員は簡単な仕事内容だと思われがちですが、患者さんも一人一人本当に個性があり、人と関わることはこんなに難しい事なのかと勉強させられました。

 

ですので、もう少しお給料を上げていただいてもいいのではないかと思います。

 

・・・と、いろいろ愚痴ってしまいましたが、しかし一方で、辛いことも多いのですが、それ以上に楽しいことや嬉しいこともたくさん経験できます。

 

ぜひ正社員で医療事務を目指す人が増えることを願っています。

 

サヤカからひとこと

医療事務サヤカ

 

最後に愚痴が出てしまってますね(笑) でも、全体的には、やりがいのあるお仕事をされてきたような印象を持ちました。

 

医療事務のお仕事は、正社員であっても、基本給は一般的な事務職と大差ないと思います。ただし、レセプト業務などで手当が積み重なると、トータルでそれなりのお給料になってきます。

 

がんばったらがんばっただけ収入に反映されるので、そういう意味では稼げる職種と言っていいのではないでしょうか?