医療事務資格ガイド|就職・転職に役立つ医療事務資格はどれ?記事一覧

対応レベル費用の目安期間の目安初級約5万円約6ヶ月「医療保険士」という資格は、医療事務について基礎的な知識やスキルを持っていることを証明する資格です。簡単に取得できる資格なので、「パートや派遣で働くために何か手頃な資格が欲しい」というニーズにぴったりです。ヒューマンアカデミーたのまなの通信講座を利用すれば、まったくの初心者からでも、無理なく資格取得を目指せます。ちなみに、個人的にいいなと思うのが、...

対応レベル費用の目安期間の目安中級約8万円約3ヶ月「医療事務管理士(R)」という資格は、受付、会計、レセプト、カルテ管理などなど、医療事務の業務をひととおりこなせる人材であることを証明する資格です。技能認定試験の難易度がやや高めなので、自信を持って履歴書に書ける資格のひとつといえます。「医療事務管理士(R)」の資格を取得するには、資格スクール大栄(DAiEi)の医療事務講座を受講するといいです。試...

対応レベル費用の目安期間の目安上級約8〜35万円約7〜9ヶ月「診療報酬請求事務能力認定試験」の資格は、レセプト業務に関する「ワンランク上の知識とスキル」を持つ人材であることを証明する資格です。医療事務関連の資格はいろいろありますが、この「診療報酬請求事務能力認定試験」の資格が、業界で最難関の資格と言われています。「診療報酬請求事務能力認定試験」の資格を取得するには、ヒューマンアカデミーの医療事務講...

対応レベル費用の目安期間の目安中級約7〜12万円約3〜9ヶ月「医科2級医療事務実務能力認定試験」の資格は、主に、「医療関連法規」や「診療報酬請求(レセプト)」に関する知識を証明するものです。総合病院やクリニックなどで働くなら、取得しておきたい資格のひとつです。「医科2級医療事務実務能力認定試験」の資格を取得するには、ヒューマンアカデミーの医療事務講座を受けるといいです。通学講座だけでなく、通信講座...

対応レベル費用の目安期間の目安中級約7万円約9ヶ月「医療事務OA実務能力認定試験」に合格していると、レセプトコンピュータ(レセコン)の基礎スキルが身についている人材として評価されます。レセコンは今や医療機関のほぼ全てが使用していますし、レセコンのスペシャリストとして職場でも優遇されることでしょう。「医療事務OA実務能力認定試験」の資格を取得するには、ヒューマンアカデミーの通信講座を利用するのがおす...

対応レベル費用の目安期間の目安初級〜中級約7万円約9ヶ月「2級医療秘書実務能力認定試験」に合格していると、接遇や医学基礎など「受付スタッフとしての知識」を持つ人材として評価されます。医療機関の窓口スタッフとして、接遇や医学、法規、レセプト技術などを幅広く学びたい人にはおすすめの資格です。「2級医療秘書実務能力認定試験」の資格を取得するには、ヒューマンアカデミーの医療事務講座を利用するのがおすすめで...

対応レベル費用の目安期間の目安中級約13万円約3ヶ月「医師事務作業補助者実務能力認定試験」の資格は、医師の事務作業を代行できる能力を示す資格です。昨今の高齢化社会で医療現場が忙しくなり、医師の業務負担が問題となっています。そこで、医師事務作業補助者を医師のサポート役として置き、医師の事務作業を医療事務スタッフが代行することで、お医者さんには本来業務の患者さんの診察・治療に集中してもらおうというわけ...

対応レベル費用の目安期間の目安初級〜中級約7万円約9ヶ月カルテの電子化は、医療のIT化が進むにつれ必須となり普及はさらに進むと見込まれています。医師に代わって電子カルテを入力する「クラーク」という役割を医療事務スタッフでまかなう医療機関は多く、電子カルテの知識や技術を持つスタッフは現場での活躍が期待できます。「電子カルテオペレーション実務能力認定試験」の資格は、電子カルテ関連の業務を十分にこなせる...

対応レベル費用の目安期間の目安初級約4〜8万円約1〜3ヶ月「医療事務検定試験」は、医療事務の現場で必要な知識とスキルを、バランスよく網羅している資格です。医療事務の資格をまだ何も持ってない人や、どの資格をとったらいいか分からないという人は、こちらの医療事務検定試験をチェックしてみてください。医療事務検定試験の合格を目指すには、日本医療事務協会の医療事務講座を受講することが必須条件になります。逆に言...

対応レベル費用の目安期間の目安初級約5万円約4ヶ月ユーキャンの通信講座で取得できる資格。通信講座なので、自宅で自分のペースで試験対策できるのがいいところです。忙しくてスクールに通えない人にとっては、「医療事務認定実務者」の資格を目指すのが、現実的な選択肢になると思います。試験の合格率は60〜80%ほどだそうで、難易度はやや低めと判断できます。まったくの未経験から、何か手軽な資格が欲しい人に向いてい...

対応レベル費用の目安期間の目安初級約3〜5万円約1〜4ヶ月「資格の学校TAC」が認定している「TAC医療事務技能認定試験」の資格。TACの通学講座、あるいは通信講座を受講して、試験に合格したら「合格認定証」をもらえます。TACの医療事務講座は、「最短1ヶ月」(医科Aコースの場合)で修了できるスピード感がウリです。具体的には、全14回の講義を短期間でいっきに受講し、試験に合格したら資格認定してもらえ...

対応レベル費用の目安期間の目安中級約6〜9万円約3ヶ月医療事務の資格で、どれかひとつだけ選ぶとすれば、個人的にはこの「メディカルクラーク(R)」がいいと思います。なぜなら、医療事務業界で最も知名度が高く、就職・転職の場面で評価されやすい資格だからです。ニチイの医療事務講座を受講することで、無理なく資格取得を目指せます。通学講座でしっかり学ぶのがおすすめですが、通信講座で学ぶこともできます。どちらか...

対応レベル費用の目安期間の目安中級〜上級約15万円約4ヶ月以前は紙媒体で行っていた業務も、今ではほとんどコンピュータを使って処理するようになりました。しかし、コンピュータ操作に苦手意識を持つ人は多いもの。ここがライバルに差をつける狙い目になります。医事コンピュータのスペシャリストメディカルオペレータは、医事コンピュータの操作・処理に詳しい人材であることを示す資格です。メディカルオペレータの資格を持...