【医療事務の資格1】医療保険士

 

対応レベル 費用の目安 期間の目安

初級

約5万円

約6ヶ月

 

「医療保険士」という資格は、医療事務について基礎的な知識やスキルを持っていることを証明する資格です。簡単に取得できる資格なので、「パートや派遣で働くために何か手頃な資格が欲しい」というニーズにぴったりです。

 

ヒューマンアカデミーたのまなの通信講座を利用すれば、まったくの初心者からでも、無理なく資格取得を目指せます。

 

ちなみに、個人的にいいなと思うのが、オンラインで学べる「eラーニングコース」というもの。これなら外出中にもスマホで勉強できるので、スキマ時間を有効活用できて便利ではないでしょうか。

 

詳しい資料がタダでもらえます → こちら

 

ということで、「医療保険士」の資格について、もう少し詳しく見ていきましょう。どんな資格で、どんなメリットがあるのか、評価・解説していきます。

 

「医療保険士」の評価・解説

 

医療保険士の評価

 

医療保険士の資格は、初心者向けの初級レベルの資格です。誰でも最初は初心者なので、無理せず初級レベルから挑戦するのはいいことだと思います。

 

最初から難しい資格に挑戦して、挫折してしまう人もいらっしゃいます。とても残念なことです。そんなことになるくらいなら、医療保険士のような初級レベルの資格を確実に取得したほうがいいです。

 

初級レベルから少しずつステップアップ

 

医療事務のお仕事は、まず最初の一歩を踏み出すことがとても大切です。なぜなら、医療事務は「実務経験」を評価される職種だからです。少しでも早く、実際の医療事務の現場で働きはじめて、経験を積むことが大切になるわけです。

 

なので、まずは何でもいいので資格を取りましょう。そして、さっそく就職活動をはじめてください。派遣やパートであれば、比較的簡単に仕事は見つかるはずです。そこで実務経験を積みながら、少しずつステップアップしていくのが、医療事務の分野で長く活躍する秘訣です。

 

医療保険士の資格は、未経験の人でも簡単に取得できる資格です。医療事務のお仕事を始める最初の一歩として、とても適した資格ではないでしょうか。

 

通信講座で自分のペースで勉強できる

 

医療保険士の資格を取るには、ヒューマンアカデミーたのまな(※楽しく学ぶの略だそうです)の通信講座を利用するのが効率的です。試験の傾向と対策を踏まえたカリキュラムで学べるので、順番通りに勉強していけば、まず確実に資格は取れます。

 

普段お仕事が忙しい人でしたら、夜に帰宅してから、あるいは土日に集中して勉強するといいです。子育て中の主婦でしたら、子供が寝静まったあとの夜に、少しずつ勉強を進めていきましょう。講義の動画を繰り返し視聴して、添削課題なども提出しながら勉強すれば、無理なく基礎知識を身につけられます。

 

意外に貴重な、シンプルな名称

 

どうでもいいことかもしれませんが、「医療保険士」という資格は、名称がとてもいいと思います。他の資格だと、例えば「診療報酬請求事務能力検定試験合格」みたいなゴチャゴチャしたものばかり。読みにくい、わかりにくい、覚えにくいものばかりです。

 

一方で、医療保険士という名称は、とってもシンプルな「○○士」系の名称です。とてもセンスがいいと個人的に思います。第三者に説明するときに、「私は医療保険士の資格を持ってます」とシンプルに言えるのは、隠れたメリットではないかと思います。

 

詳しい資料がタダでもらえます → こちら

 

基本情報
資格の名称

医療保険士

認定団体

医療保険学院

資格講座

ヒューマンアカデミーたのまな
通信講座】
医療事務講座
・eラーニングコース 50,000円
・DVDコース 47,000円
・DVD+eラーニングコース 53,000円
約6ヶ月
https://www.tanomana.com/

 

サヤカのひとこと

医療事務員サヤカ

医療保険士という資格について説明しましたが、いかがでしたか? 医療保険士の特徴が、なんとなくイメージできたでしょうか?

 

医療保険士は、比較的簡単に取得できる資格です。なので、まずは医療保険士を取得して、この資格で就職活動をはじめてください。

 

そして、必要に応じて、ヒューマンアカデミーたのまなのオプション講座(例えば電子カルテオペレーションなど)を追加で受講しましょう。そうやって、実務経験を積みながら、必要な資格を追加で取得していけば、無理なく自然にステップアップできます。

 

詳しい資料がタダでもらえます → こちら