【医療事務の資格13】メディカルオペレータ

 

対応レベル 費用の目安 期間の目安

中級〜上級

約15万円

約4ヶ月

 

以前は紙媒体で行っていた業務も、今ではほとんどコンピュータを使って処理するようになりました。しかし、コンピュータ操作に苦手意識を持つ人は多いもの。ここがライバルに差をつける狙い目になります。

 

医事コンピュータのスペシャリスト

 

メディカルオペレータは、医事コンピュータの操作・処理に詳しい人材であることを示す資格です。メディカルオペレータの資格を持っている人は、医事コンピュータのスペシャリストとして、医療事務の現場で一目置かれる存在になります。

 

就職・転職で有利になるのはもちろんのこと、すでに医療事務で働いている人のキャリアアップとしてもおすすめできる資格です。

 

メディカルクラーク+メディカルオペレータのW資格

 

ニチイの医療事務講座を利用すると、効率的に資格取得を目指せます。メディカルクラークの資格だけでも仕事はできますが、合わせてメディカルオペレータまで最初から取得しておけば、将来的な安心感がぜんぜん違ってきます。

 

詳しい資料がタダでもらえます → こちら

 

ということで、「メディカルオペレータ」の資格について、もう少し詳しく見ていきましょう。どんな資格で、どんなメリットがあるのか、評価・解説していきます。

 

「メディカルオペレータ」の評価・解説

 

メディカルオペレータの評価

 

メディカルオペレータの資格は、メディカルクラークの資格とセットで持っておきたい資格です。メディカルクラークの資格が「基礎的な知識とスキルの証明」となり、メディカルオペレータの資格が「応用的な知識とスキルの証明」になるわけです。

 

なので、どちらかと言えば中級〜上級の位置付けになります。パートで働くには必ずしも必要はないですが、将来的に正社員を目指すなら持っておいて損はないです。

 

ワンランク上の優秀な人材として評価される

 

医療事務のお仕事をするのに、医事コンピュータの操作は不可欠なものです。わからないではすみません。自分で解決できるだけの、知識とスキルが医療事務員には求められています。苦手意識を持ったままでは、職場でも周囲から信頼してもらえないでしょう。

 

メディカルオペレータの資格は、あなたが「医療事務のIT化に対応できる優秀な人材」であることを示すものです。ワンランク上の優秀な人材であることを示せるため、職場で指導的立場を目指すにも役立ちます。

 

注)IT化とは?
以前は紙媒体で行ってきた業務を、コンピュータを使ったペーパーレスな処理に変えることです。さまざまな情報がネットワーク上で管理・共有・保存されることで、業務の効率化が実現できます。ITは、情報技術(Information Technology)の略。

 

久しぶりに医療事務の現場に戻る人におすすめ

 

出産・子育てで一時的に医療事務の職場から離れたけど、久しぶりに医療事務の現場に戻りたいと思っているあなた。もしかすると、医療事務のお仕事内容が、以前とはかなり違っているかもしれません。

 

というのも、最近では、会計業務もレセプトも、カルテ管理も何もかも、コンピュータで処理するようになっているからです。なので、久しぶりに職場復帰するのであれば、メディカルオペレータの資格を取得しておくと安心です。スムーズに職場復帰できるはずです。

 

就職・転職で役に立つ

 

メディカルクラークの資格を持ってる人は多いですが、メディカルオペレータの資格まで持ってる人は少ないです。なので、メディカルオペレータの資格まで取得しておけば、就職・転職の場面で「んっ?!」と思ってもらえます。つまり、人事担当者の意識に引っかかるわけです。ここが大切なポイントです。

 

就職・転職では、人事担当者にアピールできる資格があったほうが有利なのは言うまでもありません。そして、メディカルオペレータは、アピール力が十分にある資格です。せっかく医療事務講座で勉強するなら、ついでに取得しておくと必ず役に立ちます。

 

詳しい資料がタダでもらえます → こちら

 

基本情報
資格の名称

メディカルオペレータ

認定団体

一般財団法人 日本医療教育財団

資格講座

ニチイ
通学講座】
医科コンピュータセット 144,570円 約4ヶ月
http://www.e-nichii.net/

 

サヤカのひとこと

医療事務員サヤカ

メディカルオペレータについて説明しましたが、いかがでしたか? 興味を持ってもらえたでしょうか?

 

メディカルオペレータは、絶対に必要な資格というわけではありません。ですが、だからこそ、メディカルオペレータの資格を持ってるだけで、職場での信頼感がぜんぜん変わってきます。

 

もし、医療事務のお仕事を長く続けていきたいのであれば、持っていて損はない素晴らしい資格だと思います。必要に応じて検討してみてください。

 

詳しい資料がタダでもらえます → こちら