【医療事務の資格11】TAC医療事務技能認定試験

TAC医療事務技能認定試験

 

対応レベル 費用の目安 期間の目安

初級

約3〜5万円

約1〜4ヶ月

 

「資格の学校TAC」が認定している「TAC医療事務技能認定試験」の資格。TACの通学講座、あるいは通信講座を受講して、試験に合格したら「合格認定証」をもらえます。

 

TACの医療事務講座は、「最短1ヶ月」(医科Aコースの場合)で修了できるスピード感がウリです。具体的には、全14回の講義を短期間でいっきに受講し、試験に合格したら資格認定してもらえるわけです。

 

なので、とにかく急いで資格が欲しい人は、TACの医療事務講座をチェックしてみるといいです。特に、例えば現在失業中の人など、平日に時間のある人なら、挑戦してみる価値はあると思います。

 

詳しい資料がタダでもらえます → こちら

 

ということで、「TAC医療事務技能認定試験」の資格について、もう少し詳しく見ていきましょう。どんな資格で、どんなメリットがあるのか、評価・解説していきます。

 

「TAC医療事務技能認定試験」の評価・解説

 

TAC医療事務技能認定試験の評価

 

「TAC医療事務技能認定試験」の資格は、派遣やパートですぐにでも働きたいという人に向いています。この資格を持っているからといって「スゴイ!」と思われることはないですが、「基礎知識を有している人材」だということを示すには十分です

 

通学講座でも通信講座でも取得できる

 

通学講座のメリットは、スクールに通うことで、無理矢理にでもカリキュラムが進むところ。疑問点を講師にその場で質問できるのも、安心できるポイントと言えます。ただし、時間を拘束されるのを嫌う人もいます。

 

通信講座のメリットは、毎日の空き時間に勉強できるところ。自宅で勉強するなら、めんどうなメイクも必要ないです。ただし、自分でスケジュール管理しないと進まないので、自己管理が苦手な人には向いていません。

 

「TAC医療事務技能認定試験」の資格は、通学講座でも、通信講座でも、どちらを受講しても取得できます。自分に合った方法で勉強できるのは、この資格のいいところではないでしょうか。

 

簡単に取得できる

 

試験は資料を見ながら解答していいことになっています。つまり、暗記が必要ないということです。暗記よりもむしろ、医療事務に関する制度・ルール・流れの理解度を試す試験と考えていいです。

 

なので、試験対策はいたってシンプル。テキストを何度も読み込んで理解する。そして、付属の問題集をまず一回仕上げてしまう。で、間違えた問題を重点的に見直して、試験を受ければ大丈夫。まず間違いなく合格できるはずです。

 

短期間で取得できる

 

さきほども言いましたが、「TAC医療事務技能認定試験」の資格は、最短1ヶ月で取れてしまう資格です。もちろん、本当に1ヶ月で取得しようと思うと、かなり集中力が必要だとは思います。ですが、ヤル気しだいで最短1ヶ月で取得できるというのは事実です。

 

なので、失業中の人など、急ぐ人はTACの医療事務講座を選んでください。逆に、そこまで急いでないなら、わざわざTACを選ぶ必要はないと思います。ニチイやヒューマンアカデミーなどの、もっと知名度の高いスクールを選んではいかがでしょうか。

 

詳しい資料がタダでもらえます → こちら

 

基本情報
資格の名称

TAC医療事務技能認定試験

認定団体

TAC株式会社

資格講座

資格の学校TAC
通学講座】
医科Aコース|基礎 39,000円 1〜2ヶ月
医科Bコース|基礎+医事PC 46,000円 1.5〜3ヶ月
医科Aコース|総合 49,000円 1.5〜3ヶ月
通信講座】
医科通信コース講義プラス 29,000円 1〜4ヶ月
https://www.tac-school.co.jp/

 

サヤカのひとこと

医療事務員サヤカ

「TAC医療事務技能認定試験」の資格について説明しましたが、いかがでしたか? どんな資格か、なんとなくイメージできたでしょうか?

 

この資格は、講座を運営しているTACというスクール自体が、みずから認定している資格です。なので、もし仮に、TACが倒産してしまうと、資格の効力が失われます。ここに不安感を持つ人もいるかもしれないですね。

 

これについての私の考えは、「早めに経験を積めば問題ない」というものです。医療事務は経験が重視される世界。経験を積んでしまえば、転職するときにも、資格より経験が評価されることが多いからです。

 

TACの魅力は「安さ&短期間」というところ。費用を抑えて、さっさと資格をとって、さっさと就職してしまえるのが魅力ということです。なるべく早めに始めて、なるべく早めに資格をとって、なるべく早めに経験を積んでしまいましょう。そうすれば、何の資格であっても、十分に活躍できると思います。

 

詳しい資料がタダでもらえます → こちら